その他のよくある質問

その他

借りた本やCD、DVDを紛失/汚損・破損してしまった

紛失/汚破損に気付いた時点でまず一度図書館にご相談ください。

どうしても見つからない場合や汚破損の程度がひどい場合には弁償をお願いしております。弁償の方法につきましては、事前の相談時・または紛失/汚破損届の提出時にご案内いたします

なお紛失/汚破損状態の資料は返却または弁償の手続きが終わるまで貸出中扱いとなります。長期間そのままにしていると延滞による貸出停止の対象となりますのでご注意ください。

関連リンク

館内で資料のコピーをとることはできますか

各館に図書館資料コピー用の複写機(有料・カラー可)を設置しています。

ただし図書館では職員が事前に確認を行い、著作権法の範囲内で認められるものについてコピーを取ることができます。資料の種類や希望する範囲等によってはコピー機の利用をお断りする場合がありますのでご了承ください

なお複写機に印刷機能はついていないため、PCや記録メディアから文書等を印刷することはできません。

関連リンク

図書館でビジネス支援相談を行っていると聞いたのですが

図書館で仕事に関する相談サービスを行っていると聞いたのですが、受けることは可能でしょうか

中央図書館にて、専門の相談員によるビジネス支援相談(起業・創業・就業等)を行っています。

相談受付時間は、毎週火曜日・金曜日・第1・3土曜日の10時~17時です。
ただし相談員の都合により休みとなる場合もあります。お急ぎの場合は事前にご確認ください。
1人1時間程度(混んでいなければ延長可)。相談はどなたでも、随時受け付けています。

当日空いていればすぐにご案内できますが、事前に予約していただけるとスムーズに相談を受けることができます。詳しくは中央図書館へお問い合わせください

関連リンク

禁帯出資料(禁帯本)とは何ですか

帯出(持ち出し)を禁ずる資料です。これらの表示がされている資料は館内閲覧のみとなり貸出はできません。コピーは著作権法の範囲内であれば可能です。

関連リンク

古い新聞を見たいのですが所蔵していますか

各図書館では購読している新聞の過去3ヵ月分を保管しており、閲覧が可能となっています。各館ごとの所蔵タイトルについては下記リンクをご覧いただくか、各館へお問い合わせください。

また、中央図書館のレファレンス室では、朝日・産経・東京・日経・毎日・読売新聞を原紙で一年分保存しています。その他、マイクロフィルム、縮刷版、データベースで過去の新聞記事を見ることもできます。

最新の新聞以外はコピーが可能です。詳細についてはお問い合わせください。

関連リンク

電話帳はありますか

中央図書館にて全国のハローページ、タウンページがご覧になれます。3階レファレンス室入口前にありますのでご利用ください。

ただし、電話帳は館内閲覧のみとなります。ご了承ください。

関連リンク

住宅地図、ブルーマップはありますか

中央図書館レファレンス室にて、東京都内の住宅地図、立川市のブルーマップを所蔵しています。
地区館の所蔵については各館ごとに状況が異なります。恐れ入りますが各館へお問い合わせください。

コピーは著作権の範囲内(見開き1ページの半分以下)で可能です。

関連リンク

官報はありますか

中央図書館レファレンス室にて原紙で5年度分保存しています。
また、それ以前のものは官報データベースで見ることができます。
コピーも可能です。

関連リンク

本を寄贈できますか

立川市図書館では、立川市民の著作物のみ寄贈を受け付けています。

関連リンク

中央図書館4階児童書を午後5時以降に借りられますか

午後5時以降に児童書を借りたい場合は、2階または3階カウンターの職員にお申し出ください。また、予約資料の受取は、2階カウンターで受け付けております。

関連リンク