2022年度 株式会社壽屋による「たちかわ電子図書館」電子書籍コンテンツの費用負担について

掲載日
2022年6月13日

立川市図書館は、「たちかわ電子図書館」において、株式会社壽屋から2021年7月1日(木曜日)にコンテンツ270点、2021年12月1日(水曜日)にコンテンツ194点、2022年2月10日(木曜日)にコンテンツ136点の費用負担をいただいていましたが、2022年度においても6月1日(水曜日)に覚書を締結し、年間150万円相当の電子書籍コンテンツの費用負担の申し出をお受けすることとなりました。

費用負担申出者

株式会社壽屋(本社:立川市)

費用負担の内容

  • 「たちかわ電子図書館」電子書籍コンテンツ 約390点  
  • 別途「たちかわ電子図書館」チラシ等の寄贈をいただく予定です

コトブキヤ・プレゼンツ特集

「たちかわ電子図書館」サイト内に特集を設置しています。
・「コトブキヤ・プレゼンツ」特集
プラモデルやフィギュアの企画や製造を行う「コトブキヤ」らしい、デザイン、イラスト、造形、模型工作、ライトノベルなどのコンテンツを揃えた特色のある特集となっています
・「コトブキヤ・プレゼンツ」特集(こども・YA向け)
絵本、小説、学習参考書など、児童・生徒の日頃の読書や勉強に役立つ特集となってます。

関連リンク

たちかわ電子図書館について
株式会社壽屋による「たちかわ電子図書館」電子書籍コンテンツの費用負担について(2021年7月1日)
株式会社壽屋による「たちかわ電子図書館」電子書籍コンテンツの更なる費用負担について(2022年2月20日)