国立国会図書館の歴史的音源(れきおん)の配信提供サービスを利用できる館が増えました!

掲載日
2021年10月26日

「歴史的音源」とは、1900年初頭から1950年頃までに、国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等の音源を、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が、デジタル化したものです。著作権・著作隣接権保護期間を満了したものについては、インターネット上で聴くことができますが、それ以外の音源については配信提供サービスに参加している図書館内のみのご利用となっています。立川市図書館では中央図書館が配信提供サービスに参加しておりましたが、柴崎図書館、上砂図書館、多摩川図書館もサービスに参加し、ご利用いただけるようになりました。ぜひご利用ください。

利用できる方

有効期限内の立川市図書館資料利用カードをお持ちの方。

新規サービス提供館

 柴崎図書館
 上砂図書館
 多摩川図書館

利用方法

サービス提供館のカウンターへお申込みください。図書館内の端末でご利用いただきます。

利用時間

図書館開館時間内にお一人一回30分です。次のお待ちの方がいなければ一回30分延長が可能です。

その他

ヘッドホンをお貸しいたします。
複製やダウンロードは出来ません。

【関連リンク】
歴史的音源について 
歴史的音源(れきおん)