【会場参加】古文書から見た多摩地域の樹木と人々の暮らし~江戸から近代まで~

  • 多摩川
  • 掲載日2024年2月14日

国文学研究資料館の太田尚宏先生を講師にお迎えし、林業などを中心に多摩地域における人々の暮らしについてお話を伺います。
知っているようで知らない「多摩」の歴史と文化の奥深さを感じていただけます。案内チラシ(PDF:833KB)


日時:令和6年3月9日(土) 午後2時~3時(開場午後1時45分)
講師:太田尚宏 先生
場所:たまがわ・みらいパーク 2階 ドレミホール
   (立川市富士見町6-46-1(旧多摩川小学校たちかわ創造舎内)
定員:講演会場 20名 ※申込順
   (オンライン(Zoom) 配信も募集しております。詳細と申し込みはこちら)
参加費:無料
注意事項:内容の録画、録音、無断転載は固くお断りいたします。

申込受付:2月14日(水)午前10時より
多摩川図書館カウンターまたは電話及び立川市図書館ホームページ

お問い合わせ:立川市多摩川図書館 042-525-6905

■講師プロフィール 人間文化研究機構 国文学研究資料館 准教授 太田 尚宏 先生
専門は日本近世史。
武蔵野を含む江戸周辺の地域編成に関する研究や、漁業史・林業史などの産業史研究に従事。
著書に『日本古典と感染症』(分担執筆 KADOKAWA 2021年)などがある。